読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊性

考え事や絵や写真を留めておくブログです。メンタルヘルス、いじめ、不登校、恋愛、哲学、イラスト、写真、ファッション、色々な物を題材に記事を書きます。

フリルへの執着

私は小学生の頃からずっとロリィタ服が好きです、今ももちろん大好きです。

 

大好きな分拘りがあるし、執着心もあります。

 

私は金銭面での問題でしっかりとしたブランドのロリィタ服を買えないため 普段はaxes等「〜ロリ『風』」の服を着ています。

 

その服は値段の面でも作りの面でも、私の憧れているロリィタ服の境界を超えることはなく、 一般への理解 偏見を取り除く境界にあるものであると考えています。

 

そのため、axesがロリィタだ!axesを着ているから私はロリィタだ! と主張する人は嫌いだし、同じような好きを使いたくないです。

(axesのジャンルがクラシカルロリィタだから、とかそういう問題ではないです。)

 

ドラマ、アニメ、芸能人によってゴスロリという言葉、ファッションが流行って、その特異性に惹かれて私は他と違う、ということを主張するためにロリィタ服を好む人間もあまり好きではありません。何に対しても、好きなものをステータスに利用する人間は好きになれません。

 

私の中でロリィタ服とは救いであり、呪いです。

痛い、と言う人も勿論います。

また、年齢や場所への配慮も必要です。

可愛いものは自分についてきてはくれません。だからと言って手を伸ばしているのにも期限があります。これらを私は呪いと呼びます。

 

でもロリィタ服やフリルのたくさん付いた服を着ると自分はちゃんと女の子だ、服だけはお姫様のようだ と思えることができて、誰のものでもない、ただ自分のために女の子、お姫様になることができるのです。

 

自己陶酔かもしれません。それでも自分の中の理想や自分のためだけにする行動、自分だけのためにお姫様に変身することは私の救いなのです。