読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊性

考え事や絵や写真を留めておくブログです。メンタルヘルス、いじめ、不登校、恋愛、哲学、イラスト、写真、ファッション、色々な物を題材に記事を書きます。

いじめ

いじめが原因で自殺する事件が相次いでいる。

TVをつけると、死にたいほど苦しいなら学校に行かなくていい、図書館に来ればいい、私もいじめられていたから歌を作っている、逃げても良いんだよ、という内容ばかり。

 

逃げる、という表現にひどく違和感を感じる。

いじめ等、正当な理由があって学校に行かない事は逃げなのか。

強いて言うなら逃げではなく防衛、であろう。

逃げる事には向き合う事よりも大きな勇気が要る、という事を分かっていて欲しい。

 

しかし

学校に行かなくなれば自分の勉強が遅れる。

将来、何か聞かれた時に辛い思いをするかもしれない。

社会的に認められない気持ちでいっぱいになるかもしれない。

それらを分かって、それらを受け入れられる社会を作る勢いで、TVや大人達は学校に行かなくてもいいと言うべきだ。

あまりに、無責任であると感じた。

 

 

 

自殺に至った人達はきっと、死ぬまでまともに目を向けてもらえなかった。

死でしか、訴える形が無かった。

彼らの死は逃げでもなんでもない。宣戦布告かもしれない。彼らなりの復讐かもしれない、救済かもしれない。

周りが逃げていたのを、彼らが逃げていたと勘違いしている気がする。

彼らはきっと自殺、死で訴え向き合おうとした。

 

 何が言いたいのか分からないけど終わり。