読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊性

考え事や絵や写真を留めておくブログです。メンタルヘルス、いじめ、不登校、恋愛、哲学、イラスト、写真、ファッション、色々な物を題材に記事を書きます。

生きるという事について自分なりに考える

生きるためにはご飯を食べなきゃいけないし人間性を保つためには少しの娯楽も必要だ、でもその大前提はお金があることで、私達は一般的にはお金を得る為に働くしいい職につくために勉強する、でも働く事が人生なわけではないし 生きる=働く ではないと思うし 世間一般の正しいとされている生き方が本当に正しいのか 正しいからといって従うことで自分は後悔しないのか そもそも正しいとは何か 自分はどうあるべきか 摸索することが生きることではないかと最近思っている。
だから私は今必死に模索を続けている、誰に正しいと言われなくても。

 

 

私は自殺もまたひとつの生き方であると思う、逃げる事も悪い事ではないと思う。

どうして自殺はいけないことで逃げる事も情けないだの悪いだの言われなくてはいけないのか、どうして救われないのか。

 

某通話アプリで知り合った人間に なぜ自殺を止めるのか 自殺はいけない事なのか と聞いた事がある。

そしたら、「病気や飢餓で生きたくても生きられなかった人がいるから 死ぬのはその人達に失礼だ」  と言われどうしても理解ができなかった。

なぜそこに話した事もない他人の幸福が絡んでくるのか それは事実でしかないしそれならば自殺を考えている人は死にたくても死ねない人である。

この様な発言をされるのが本当に嫌いだ。

生きたくても生きられなかった人は、この発言の中で少なくとも可哀想な存在として取り上げられている、この発言は生きたくても生きられなかった人達にもっと失礼だろう。

なぜ幸福の重さをはかり合うのか、死ぬ事は悪なのか、正しいという言葉に縛られて私達は根本的な何かを考える事を放棄しているのではないか。

うまく言葉をまとめられないが大まかに私の言いたい事が伝わると良いと思う、正しい正しくない一般的一般的でない に縛られるのは疲れた、その言葉に私達独自の生き方や人生の価値などない、人生の価値は自分が決めるものではないのか、私は前述した通り模索している、しかし途中で迷子になりかけている。

人生に基盤などない、偏差値の高い学校を出て収入が多い職について、お金があって、その一般的な幸せの形が本人の求めている幸せの形と一致するかは分からない。

なのにそれを強要されている気がしてならない、怖い。