読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊性

考え事や絵や写真を留めておくブログです。メンタルヘルス、いじめ、不登校、恋愛、哲学、イラスト、写真、ファッション、色々な物を題材に記事を書きます。

無理をすると苦しいと 思う

無理をしない でも 毎日確実に少しでも良いから頑張る が常に私の目標ですが、貴方は普段無理なんてせずに過ごしているのだから長期休暇くらい無理をしたらどうなんだと言われました。

どうなんだと言われても、どうなんでしょう。

無理をすると確実に自傷行為に走ったり現在耐えているような行為をしてしまうと思います。私は無理をしてまで偏差値の高い大学に行かなくてはいけないのでしょうか、それで確実な私の求める幸せが手に入れられるとは思わないし、学生生活を鬱のまま無駄にしていくのでしょうか。毎晩泣きそうな気持ちになりながら、精神がヘトヘトになるまで皆が当たり前にこなす課題をして、予習をして、一日分の授業で莫大な体力、精神力を浪費して、それでも下位なのでそれ以上の努力や無理を強いられる、これが幸せに繋がる事なんでしょうか。どうして私は今までこなせていた課題をこなせなくなったんでしょうか、泣きそうな気分で机に向かわなければいけないんでしょうか、朝起きて学校に行けない日や遅刻してしまう日ができてしまったんでしょうか。

 

周りと同じ成果を得られないから責められます。怒られている間違う事を考えようとしても私なんて早く死ねば良いのにと思います。でも私が死ぬと家族親戚が悲しむのです、友達は悲しむか分かりません、だから私は耐えれば誰かを傷つけずに済むし自分の生きている事に対する負荷を善のように捉えることが出来るのです、時々インターネットの友達がかけてくれる優しい言葉や私を認めてくれるような言葉にたくさん涙が出ます。インターネットはいけないと母親は言います。私が欲しかった、一番執着の強かった分野に対する幸せを母の感性で幸せじゃないと言い張り奪おうとします。父親は私を躾けるために怒鳴りつけます。だから私は誕生日が大嫌いですし自分の名前の書かれたケーキを想像するだけで胸が苦しくなります。

 

目を閉じると時々小学校時代のいじめっ子が私の名前を呼ぶ声が聞こえます。雑巾を絞るバケツの水の臭いがします。稀に小学校の給食の臭いがする時もあります。

 

眠りについて夢の中にはよく分からない中華街と大きな田んぼ、祖父の家の庭、ところどころで毎回違う物語、それも怖くて何か過去と被るような夢を見たり、人に説明できないような支離滅裂な夢を見たり、時々見る幸せな夢では明らかな歪みが見えるのです。夢を見ない時もあります。

 

私は休日前夜お風呂と歯磨きとドライヤーをきちんと済ませ休日に早起きをして太陽の光を浴びながら猫とお昼寝するのが幸せです、それをしたいなと思って休日前夜は張り切りますが自分の意思とは反対に身体は動きません。第一段階から達成できない日が続いているのです。朝粘っこい口とペタペタ脂の臭いがする髪の臭いを感じて絶望しそこから動きだせるのは午後です。

 

こんな事を繰り返して死んでいくのでしょうか。何一つ叶わないのでしょうか。これは甘えだと責められ続けるんでしょうか。いつになったら病院に行けるのでしょうか。私はどうなってしまうんだろう。誰も助けてくれない事を私は知っているけれど助けて下さいと言わせて下さい。